野菜ジュースとは異なるグリーンスムージーのメリット

グリーンスムージーは、野菜の栄養素そのままを摂取することができる飲み物です。野菜ジュースとどう違うのかいまいちわからないというかたも少なくないでしょうが、製品へと加工する段階で加熱や殺菌処理を行っている野菜ジュースと生の状態のままでドリンク状にするグリーンスムージーとでは、摂取できる栄養に大きな差が出ます。野菜の栄養というのは調理の段階で熱によって失われたり、水に溶け出して失われてしまうことが多くあります。それがグリーンスムージーの場合、野菜に含まれる栄養をそのままに凝縮してドリンクとして摂取できるのが大きなメリットです。特に壊れやすいビタミンCや食物繊維の量にはかなり違いがあり、損なわれずに大量に含まれたグリーンスムージーを摂取することで高い美容効果、デトックス効果を期待することができます。また、グリーンスムージーの特徴として塩分が入っていないことも挙げられます。健康面に気を使い塩分量を気にしているかたも多いですし、そういった面でも安心して飲めるのが利点です。そんなグリーンスムージーは野菜や果物を使って自分で作ることもできますが、パウダー状になっていて水や牛乳、豆乳と混ぜて簡単に作れる製品もたくさん売られています。自分好みの味をパウダー状のグリーンスムージーでいくつか見つけられれば変化をつけながら飽きずに手軽に続けていけますので、朝食代わりに、間食代わりにパウダー状のグリーンスムージーを摂取して栄養補給をすることが可能です。野菜のビタミンやミネラル、酵素や食物繊維が豊富なために、日頃の野菜不足を解消したいかたにはうってつけのドリンクになります。まずは飲み始めて身体の変化を感じてみてください。